プロフィール

yufuna♪

Author:yufuna♪
ご訪問、有り難うございます。
 <(_ _*)>

カレンダー
<09 | 2021/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
旬の花時計 V2
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最近の記事

2021.10.17    カテゴリ:   

   「天国はまだ遠く」 瀬尾まいこ著

souiku-jp_9784104686018.jpg


「天国はまだ遠く」 題名からして主人公は自殺をするんだろうなぁ~と思いました。

題名の通り未遂で終わりどのように生きようとしていくのかな~と思いながらページをめくりました。

この本は23歳のOLが仕事に行き詰まり自ら命を絶とうとしたけれど未遂に終わり再生していく物語。

特にドラマ性はないのだけど主人公の心の描写がそうそうと頷くことばかりであっという間に読み終えました。


就職して3年ですね~営業職は数字が全てですからね~追いつめられる毎日は辛いですよね。逃げて良かったと思いました。

まだ23歳です。やり直しは幾らでもできるんですけど追い詰められるともう逃げ場がないように思えますよね。


生きて行こうとするエネルギーはちょっとしたきっかけで訪れるものですね。

両親が交通事故で亡くなったために家の存続の為に仕事を辞め田舎に帰ってきた30歳の田村さん。

一応民宿を営んでいるけどお客さんがそう来ている気配はないですね。

その民宿はタクシー運転手さんが教えてくれたのだけどこういう出会いも偶然が重なるんですよね。

田村さんも自ら進んで帰ってきたわけではないですからね。

人はこれが自分の与えられた生きる道なんだと思って生きている人が殆どじゃないですかね。

ちょっと違うと気づいて生き方を変えられる人は幸せな人でしょうね。


主人公が田村さんに出会えて自然の中での21日間の暮らしを通して自分の居場所を探して行く。

田舎暮らしは長閑でいいってだけではないですからね。

自分は自然と共に暮らせる人間ではないと気付く。ただ自然が好きだけでは暮らせませんからね。


田村さんとの別れの場面はとても切ないけど恋愛感情とはちょっと違うような~

でも結婚生活とかはこんな感じからの方が永く続きますけどね~なんて思いながらページを捲りました。


一生の別れではないでしょうけど、住所と電話番号が載った民宿のマッチ箱に癒されましたね~😃

マッチ箱には、年中無休 絶景の宿 たむら と載ってるんですね~このマッチ箱を持ってるだけでも生きていけますよね。


ラスト近くの感動シーンも上手いなぁ~と思いながらじわぁ~と涙だ出そうになりました。

一見重いストーリーの様に感じましたけど瀬尾まいこさんの本を数冊読んでますからきっと未来があると思いました。

やはり爽やかな読後感を味わいました。ありがとうございました。



*****************************************************


明日は本を手に取る前に実家に行かなくちゃね~集中して読書もできませぬ💦

燃えるゴミの日が月、木なんですよね~早朝行けばゴミ出し時間に間に合いますね~買い物してないんですよね~

取り敢えず行って買い物はまたにしましょうか・・

先週月曜日は田舎に居ましたから~昼食後、夫と一緒に買い物もして行きました。

ゴミ箱を片付けて~掃除の後、車だったので燃えるごみは持ち帰りましたよ💦


父の料理はいつも決まっているんですよね~大きなすり鉢に長芋をすり、出汁醤油で混ぜるだけというね。

あとは茄子の煮びたしかな。間違いなく食べるものだけ私は買っていきます。

父はタクシーで買い物にも行けるようになりましたからね。食べたいものは自分で買えるんですよね。

気をまわして買っても無駄になることが結構ありましたからね~もう気遣いは止めました💦


今夜、もう一冊読めますかね~大河ドラマは予約録画しているのでいつも遅い時間に観るんですけどね。

今日も洗濯の後、本を読み始める前に煮込み料理を作りました。何かしら作っておくと安心です。


今日は窓を開けると寒くて~薄いカーディガンを羽織っていますよ。

昨日は夕方から出て図書館に行った後、買い物して帰ってきましたけど~自転車ですから暑かったです。

流石に日中の暑さもそろそろもういいですよね~少々運動してももう汗要らないわ~😅

暫くは半袖の上に羽織るものが必要でしょうね~気温差が激しいので体調管理に気を付けないとですね。。









スポンサーサイト



2021.10.16    カテゴリ:   

   「図書館の神様」 「見えない誰かと」 瀬尾まいこ著

図書館の神様

あらすじ・作品解説

傷ついた過去を引きずりながら生きる高校講師の主人公が、偶然顧問になった部員一人の文芸部での活動を通して新しい人生を踏み出していく。 早川清(きよ)は海辺の高校へと赴任してきた国語の講師。
この学校で部活動の顧問を担当することになった時、彼女は大好きなバレーボールを希望していたのだが、なぜか部員たった一人の文芸部に決まってしまう。
実は、清は文学や図書館にはほとんど縁がない人生を送ってきた。国語の講師にも関わらず、この科目は少しも好きではない。
青春時代をバレーボールに注ぎ込んできた清は、本来は体育大学を卒業して体育の講師になるのが夢だった。
だが、バレーボール部の部長をしていた高校時代のある体験によってその夢を諦めてしまう。
これまで全く縁がなかった文芸部での活動だったが、たった一人の文芸部員の垣内と、垣内との活動を通して少しずつ触れていく文学の世界によって、清は過去に囚われていた自分を少しずつ変えていく。



見えない誰かと

「私のそのときの毎日を 楽しくしてくれている人は、確実にいる」
瀬尾まいこさん初エッセイ。
『誰かと繋がる。それは幸せなことだ』(2004年10月~2005年6月)に加筆訂正し、まとめたものです。


*****************************************************


今日は夕方から出てホルト図書館へ行きました。火曜日に借りた5冊を返却して予約していた9冊を借りました。

10冊予約していたのですが「そして、バトンは渡された」がまだでした~こちらを先に読みたかった~(>_<)


「見えない誰かと」エッセイを先に読みました。

瀬尾まいこさんが出会ってきた人たちへの温かいメッセージですね。

他人との出会いや社会人になる前のアルバイト体験など無駄なことは一つもないですね。

このエッセイの最終近くに 図書室の神様 とあるのは 前に書いた小説 「図書館の神様」のもとになっているそうです。

図書室の神様・・このエッセイを読んで「図書館の神様」を是非読んでほしいと思います。

「図書館の神様」読み込まないと主人公の生き方を疑問に思うかもしれないと思いました。

他人を傷つけたつもりはなくてももしかしたら知らず知らず傷つけていることもあるかもしれない。

そのようなことかあってそれを背負って生きることは本当に辛いだろうけれど、自分を大事に生きていかなくてはね。

図書室の神様のような中学生も実際にいるんですよね。

「図書館の神様」きれいごとばかりではいかないむしろ何故こうなってしまったんだろうと思うことの方が多いかもしれない。

立ち止まって修正しながら歩んでいけばいいのです。他人との出会いや繋がりが大切なものを教えてくれるのですね。

前向きに生きようとするエッセイや小説は今の様な時代にほっこりする出会いになっています。










2021.10.15    カテゴリ:   

   「君が夏を走らせる」 瀬尾まいこ著

君が夏を走らせる_1

あらすじ

ろくに高校に行かず、かといって夢中になれるものもなく日々をやり過ごしていた大田のもとに、ある日先輩から一本の電話が入った。聞けば一ヵ月ほど、一歳の娘鈴香の子守をしてくれないかという。
断り切れず引き受けたが、泣き止まない、ごはんを食べない、小さな鈴香に振り回される金髪少年はやがて──。
きっと忘れないよ、ありがとう。二度と戻らぬ記憶に温かい涙あふれるひと夏の奮闘記。

君が夏を走らせる


*****************************************************


社会人になってまともになったという先輩から1歳10か月の長女の世話を頼まれるというところから始まる青春小説。

誰に娘の子守りを頼もうかと考えていたらお前がヒットして大急ぎで頼んだっていう下り~爆笑でした。

子守りを頼まれたのは16歳の高校生っていうのも驚きで~先輩は3歳年上の19歳のパパ。

子守りを頼まれた16歳の大田君、1歳10か月の鈴香ちゃんに振り回されながらの心温まる奮闘記ですね。

高校受験で失敗し、何とか入れた高校は希望とは全く違うところだった・・入学3か月で高校生活に見切りをつけた16歳の少年。

青春時代の挫折を味わった時期の心の葛藤を描いた物語。

1歳10か月の鈴香ちゃんと過ごす1か月の間の高校生の成長記録です。

公園での砂遊びの場面では~鈴香ちゃん、砂まみれになってるだろうなぁ~と想像して、

家に帰って着替えさせたかしら?なんて😅 ちょうどうちの孫くんが1歳10カ月なものだからね~楽しく読みました😊

火曜日に5冊借りて何とか5冊読んでしまいました~😄 明日返却に行って実家にもそろそろ行かなくちゃね~(((^^;)







 

2021.10.14    カテゴリ:   

   「戸村飯店 青春100連発」 瀬尾まいこ著

戸村飯店

「戸村飯店 青春100連発」

地元で愛される超庶民的な戸村飯店。

その店の息子ヘイスケ,コウスケ兄弟が将来に迷い青春を謳歌する姿を描いたさわやかな一作。

第24回坪田譲治文学賞受賞作品。


*****************************************************


昨夜は著者が作家になって間もない頃から書き続けてきたエッセイをまとめられた「ありがとう、さようなら」を一気に読みました。

そして今日は「戸村飯店 青春100連発」を読みました。

大阪下町の中華料理店を営む夫婦の兄弟の青春物語ですね。

年子の兄弟が交互に主人公になって進んでいきますから兄の思い、弟の思いが良く伝わって高校生活からの進路問題など

とても興味深く読みました。遥か昔の悩み多き青春時代を思い出しましたよ😄


昨夜読んだ「ありがとう、さようなら」は中学校の講師時代のエッセイ集です。

中学3年間の学校生活はとても充実した3年間でしたね。読み進めながらあの頃が蘇りましたよ。

先生側からすると結構大変だったんですね~と改めて思ったりしました。

先生自身も忘れ物をしたりそれを生徒に分からないようにしたり~クスッとなりますね😊


今夜もう一冊読みたいと思っています。今週は読書週間ですね~

先週は金曜日に田舎の家に帰り、土曜日孫たち4人も泊り賑やかに過ごしました。

月曜日には私の実家に行きゴミの片付け、掃除など済ませました。そろそろまた行かなくてはね~💦


読書時間って忙しくて取れないわ~じゃなくて読みたいと思えばいくらでも取れるものですね~💦

本の世界にどっぷり浸かれていいものですわ・・余計な心配から離れ気分転換になります。

瀬尾まいこさんワールド~読後感の心地良さにハマってますヨ😄










2021.10.13    カテゴリ:   

   「卵の緒」「7's blood」 瀬尾まいこ著

卵

『卵の緒』(たまごのお) 瀬尾まいこ著
この本には「卵の緒」と「7's blood」の二つの話が収録してある。
「卵の緒」は第7回坊っちゃん文学大賞受賞作である。

あらすじ

「卵の緒」

「僕は捨て子だ。」これはふざけているのではなくきちんと証拠もある。
だって、僕には父さんがいない。それに親子の証であるというへその緒を母さんは見せてくれない。
それでも母さんは誰よりも僕を愛してくれている。僕も口には出さないけれど母さんが大好きだ。
親子を繋ぐものとは何か。本当の親子とは何か。


「7's blood」

七子と七生は異母兄弟。高校生の七子はいつもいい子ぶる小学生の七生が嫌い。
だが、一緒に暮らすうちに七子は七生をいとおしく思うようになる。


*****************************************************


昨日、ホルト図書館で「卵の緒」を読みました。瀬尾まいこさん28歳の時のデビュー作品です。




あとがきから
      ・
      ・
      ・

 私には父親がいない。それはたいして重要なことではないし、私は女ばかりで構成され、類いまれな生活力を持つ自分の家族を気に入っている。けれど、「家族」というものに憧れがあった。手に入らないとわかっているからこそ、焦がれていた。
      
      ・
      ・
      ・


 そこら中にいろんな関係が転がっていて、誰かと繋がる機会が度々ある。それは幸せなことだ。
心地よい関係に身を置くことも、それを描き出すこともとても楽しい。そういうものを少しでも作り出せたらなと思います。

     2002年10月                                       瀬尾まいこ


*****************************************************


昨日、図書館で「卵の緒」を読み終えて・・「7's blood」も読みたいと思ったのですが、

時間がないのと「卵の緒」の余韻に暫く浸っていたくて帰りました。

今日、「7's blood」を読み終えて・・2作品とも涙なしでは読めなかったです(;_;)

デビュー作品を早く読めてよかったです。著者のあとがきもありましたから・・私自身ちょっと複雑な家庭環境で育ちましたから・・

というか思春期の苦悩は多かれ少なかれ誰しもあるものと思いますが・・無駄にしないで生きて行こうと思ったものです💦

人との繋がりというのは本当に複雑であるけれどほどけないものでもない・・面白いなあと思うのです。

現実にはもっと複雑でしょうが、面倒なことは削ぎ落として包容力のある文章は読んでいて心地良いです。

瀬尾まいこさんの作品には温かくて優しい未来を感じます。

さて今夜、もう一冊読みたいと思っています。









2021.10.12    カテゴリ:  外食・料理・食品 

   「久住屋」さんで一人ランチ

今日、午前中は整形外科へ行きました。

リハビリの予約時間は11:10 電気治療を受けるので早目に出てリハビリは約50分で終了~

腰部脊椎管狭窄症なんですが左側腰から膝にかけてしびれがなかなか取れず・・10月初旬 MRI を撮りました。

椎間板ヘルニア・神経の圧迫・・悪化すると手術とか~まあそう酷くはないとのことで・・朝晩の体操療法頑張りましょ😅


整形外科は自転車で10分位なんですが湿布など薬を置きに帰り直ぐホルトホールへ本の返却へ行きました💨

ランチ時間に間に合いそうだったのでホルトホール近くの「久住屋」さんへ行きました。

IMG_1748_1.jpg IMG_1749.jpg

「久住屋」さんのランチ  この大盛りサラダ↑とあまおう苺のソフトクリームが目的なんですよ~

今日も蒸し蒸し~自転車で移動しているので暑くて~食後ではなくてあまおう苺のソフトは食前にお願いしました~😄

IMG_1750_2.jpg

メニューを見ると10月は肉祭りのようで☆豊後牛ハンバーグステーキが通常より少しサービス価格になってました😃

グリーンサラダとあまおう苺ソフトを頂きつつハンバーグもジュワ~で美味しかったです~😋ご馳走さまでした。

足腰鍛えるには🥩!(笑) 麺類が好きなんですが最近はお肉を務めて食しております(・・*)ゞ


お腹も満たされたところでホルト図書館へ行きました。

新聞や雑誌を見た後・・2階へ  

瀬尾まいこさんデビュー作品 「卵の緒」を読みました。

う~ん・・やっぱり泣いちゃう優しいのね~読後の爽やかな感動が心地良いんですよね~

で、瀬尾まいこさん作品ばかり5冊借りて帰りました。そんでもって10冊予約しちゃいました😅

「そして、バトンは渡された」は映画の前には読めそうにないナ・・でも5冊借りられたので読むぞ~笑;)









2021.10.07    カテゴリ:   

   久し振りに本を読んで泣きました

          neowing_neobk-2337273.jpg

作品紹介・あらすじ

2019年本屋大賞ノミネート作家・瀬尾まいこの作品

不器用な父と息子の切なくて温かい物語

引きこもりの小説家・加賀野(かがの)の元へ、生まれて以来一度も会ったことのなかった息子・智(とも)が突然訪ねてきた。

加賀野は、しばらく泊めてほしいと言う智の頼みで、会ったばかりの【息子】と一緒に暮らすことになり--。



*****************************************************



最近は健康本や料理本などを図書館で読んだり見たりで集中して小説を読むことはなかったのですが、

久し振りに本を借りて帰って読みました。

イヤ~淡々と読み進めていくうちにじわぁ~と涙が~後半からはうんなんだなんだこんなに自然と泣けてくるなんて~

結果オーライなんて言うにはながーい年月が掛かるんですよね~

ながーい年月を一気に読めるっちゅうところが本の素晴らしさですね😅

現実にはなかなかこう上手くは行かないでしょうけど・・あり得なくはないけどもう少し複雑かな???

コロナ禍の今、家族との繋がりを考えさせられる本でした。

さわやかな読後感を味わいました(^^) 。。☆♡☆






2021.09.10    カテゴリ:  外食・料理・食品 

   今日の外ランチ

コロナ禍で外食はしないと言っていた娘からランチのお誘いのメールがあり行って来ました😅

オアシスタワー近く 「タベルナ彦」さんというイタリアンのお店です。娘も私も今日が初訪問でした。

ランチは2種類で娘も私もペペロンチーノにしました。

  ペペロンチーノ_1

 初めにサラダとスープが運ばれてきました。野菜の種類も多くてオレンジや梨も入っていましたよ~


          パスタランチ_1

     少ししてパスタもきました~やや細めのパスタで~茹で加減も丁度良かったです。
     
     キャベツや小松菜、白いのは長いもでしたね~美味しく頂きました😋 ご馳走様でした。税込み¥900です😃




今週は実家に2度行きました💨 いつも通り掃除、ごみの片付け・・仏壇の水替えなどしてきました。

月一回の在宅クリニックさん訪問も今月で終了しました。看護師さんの訪問も月末の一回で終了予定です。


3月上旬に父が退院してから半年が経ちました・・過ぎると早く感じるものですね~

ほぼ入院前と同じような生活に戻ったということですね~😅 流石に電動自転車には乗れないですね。

買い物にも行けるようになり・・好きな物を自分で買える楽しみはこの上なく嬉しいことだと思います。


当分は見守りつつ~通いでしょうかね~💦 わたし少々疲れたかな~なんて💦 

整形外科に行き落ち着いたのですが・・歩く時晴れ晴れしない気分~夜は痺れの様な感じで3,4度目が覚めます・・



最近はお天気が不安定ですね~高原へのドライブはずっと先延ばしになってます😢

夏バテ?コロナ疲れ?身体の不調?…加齢が原因? 自分の身体は自分で体調管理するしかないですね😅

身体の不調は多少仕方ないにしても気持ちまで老け込まないようにしないとね~一気に歳とりそう(笑)

こういう時は片付けが一番ですよね~掃除するとスカッとしますからお家時間は断捨離!!頑張ろうね~😄









            

2021.09.07    カテゴリ:  音楽 

   つばさ♪ よみがえる夜明け♪ 29小節の挽歌♪ 五月のバラ♪



つばさ♪













よみがえる夜明け♪













29小節の挽歌♪













五月のバラ♪






お借りしましたm(_ _*)m。 YouTubeでお聴きください<(_ _)> 。。







2021.09.02    カテゴリ:  日記 

   整形外科へ行きました💨

8月はお盆行事や孫くん達の夏休みで2週間一緒に過ごしましたからばたばた過ぎた感じがします。

もう9月~早いですね~


県北に嫁いだ長女は2LDKのアパートに住んでいましたが今年新居を建て先月下旬に引っ越しました。

コロナ禍で幼稚園の夏休みが延長になり、平日はなかなか荷物整理が進みません・・

月曜日、孫くん達の子守りに夫と行って来ました💨


アパートでカーテンを外したりと手伝って新居に移動です💨 婚礼家具を揃える時代でもないので大きな家具はありませんから~

引っ越しは軽トラでできたようです。新居は収納たっぷりで新たに購入する家具はソファーだけのような?


昔は婚礼3点セットにドレッサーやら客布団、夫婦座布団、座布団5点等々・・ベッド、冷蔵庫に洗濯機、食器・・(*゚д゚ノ)ノ

母は着物まであれこれ揃えてくれましたね~何枚かは着たものの遥か昔のことでタンスに眠ったままです(~_~;)


半月位前から身体のあちこち関節痛で~今日、やっと整形外科に行って来ました💨

1月下旬に右肩が痛くて行って以来ですが今日もレントゲンを撮りました・・肩、股関節、腰~

右肩は五十肩で~股関節は軟骨の擦り減りが原因ですね~ウォーキングはダメなんだそうで・・😓

暑くなる前は買い物に往復2km歩いて行ってましたからね~💦

まあ加齢からくる身体の不調~筋力低下ですね~


IMG_1524.jpg IMG_1525.jpg

整形外科の帰り 百姓市場さんでゴーヤーを3袋、長茄子🍆2袋購入~新生姜は火曜日に駅Coopで購入したものです。

新生姜とゴーヤーはカットして冷凍保存しました。夕食にゴーヤーと茄子のこねりを作りました。

IMG_1663_1.jpg

↑のこねりは以前の写真です~💦今日は茄子が入ってます^^。。



IMG_1522.jpg IMG_1523.jpg

整形外科の帰り「百姓市場」で買った惣菜↑です~お昼にきびなごの天ぷらを~まだ食べてませんが鯵の南蛮漬け。



整形外科での処方箋で持ち帰った薬たち(笑)

IMG_1520.jpg

肩用の温湿布と腰用の令湿布に~7日分と21日分の飲み薬😅

右肩に注射もしました~今夜はシャワーも駄目で~汗かかないようにまだエアコン入れてます。


実家に泊まっている時は朝型でしたが最近は日帰りになりましたので夜型になってます💦

そろそろ寝なくては~おやすみなさい💤 m(_ _*)m。












Copyright © 花もよう♪ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog